ミニのぼりを店内のスペースに置いてみよう

最近、いろいろなお店の店内にミニサイズののぼりが設置されています。よく見かけるのはファミリーレストランです。各テーブルにキャンペーン中の商品がのぼりになってPRされています。またコンビニエンスストア等では、各商品が置かれている棚に新発売の商品やイチオシの商品等がどれなのか、はっきりとわかりやすくなっています。店外からも見えるように、窓ガラスに張り付けている場合もあります。このように店内にミニのぼりを置くことで、今何を伝えたいのかということがわかりやすくなります。小さい割には存在感が抜群で、PRしたいことをしっかりと伝えてくれます。また現在は発注先でデザイン等も考えてくれるプランもあり、金額も非常にリーズナブルです。防災に配慮した素材での作成等もお願いできることになっています。

ミニサイズののぼりのメリットや効果とは

ミニサイズののぼりを店内に設置することで、どのような効果があるのかというと、まず1つ目に挙げられるのが店内の雰囲気が活気づくということです。ミニサイズののぼりは、基本的に室内で使用するものなので、既に売り場に足を運んでいるお客様に対してのPRということになります。Aという商品を買いに来たけれど、Bという商品ののぼりが目につけば、買ってみようかという購買意欲を刺激します。旗類は昔からイベントに使用されることが多いです。戦国時代の士気高揚に始まり、応援といった意味が多く込められているものです。店内にミニサイズののぼりを飾ることで、店舗全体の活気を生み出し、お客様の購買に対する士気も高揚させる効果があるのです。通常のポスターや看板よりも、購買意欲を生み出す力は大きいです。

ミニサイズののぼりにはどんな種類があるのか

ミニサイズののぼりには様々なサイズや種類があります。デザインや飾る場所等によって選び、オーダーメイドで注文することも可能です。値段も大きさによって違いますが、のぼりを固定する台にもたくさんの種類があります。テーブルに置くのぼり立て台の定番の物が一番メジャーです。他には吸盤が付いている物、おもりが付いていて動きにくくなっている物、クリップで止められるタイプの物、ガラスに吸着できるタイプの物等があります。のぼりの大きさやPRしたい内容にもよりますが、価格はそれほど高価な物ではありません。現在ではミニサイズののぼり作製の専門業者がたくさんあります。業者によってはのぼり自体の大きさが細かく設定できるところもあるので、ある程度骨子が決まったら、複数の業者で見積もりを取ることをおススメします。