ミニのぼりがお店の雰囲気を一気に盛り上げる

スーパーや百貨店、展示会の会場など様々な場所で目にするのぼり、視覚効果が高く集客に便利との事で色々な用途で重宝されていますが、保管するのに場所をとったり、出し入れが面倒であったりとメリットの反面、デメリットも存在します。そのような希望に応じて、最近ではミニサイズののぼりが活用されています。一般ののぼりのサイズは600ミリ×1800ミリである事に対し、ミニのぼりは70×210ミリ程度と手軽に利用でき、設置場所を選ばない点が魅力となります。のぼりとのサイズ比較で気になるのがその存在感で、小さい分宣伝効果が低いのではと考えられる方もいるようですが、様々な場所に設置できるミニのぼりになりますので、例えば複数個使用する、目立つ配色の物を使用するなどと言った工夫により従来ののぼりより効果が得られやすい場合もあります。

ミニサイズのぼりを実際に利用しているシーン

70ミリ×210ミリ程度のミニのぼりですが、その使用方法や利用シーンには様々なものが存在します。スーパーマーケットでは食品と商材の仕切りに用いられる事もあり、特売品など宣伝効果を用いたい場合にも利用されています。飲食店では、限定メニューやお勧めメニューなどにミニのぼりを使用し、各テーブル上に設置する事で様々な方に手軽に宣伝効果を発揮する事が出来ます。展示会や内覧会などでは企業カラーと同一のミニのぼりを使用する事で他のブーストの差別化や装飾効果が得られ、ブースを盛り上げる一役を担う効果があり、企業のオフィスの受付では企業の宣伝や地域のクラブなどのミニのぼりを使用する事で、会社としての取り組みや訴えを分かりやすく訴える効果があります。このようにミニのぼりには様々な効果や効用が期待できます。

ミニのぼりによるお店の雰囲気向上

このように様々なシーンで活躍するミニのぼりですが、気になるのがその価格や発注方法です。デザインや発注個数により価格は異なりますが、発注方法は手軽で、ネットなどで検索すれば店を容易に検索できます。デザインなどで数回のやり取りが必要となりますが、慣れてくれば発注方法は簡易なものになります。そのミニのぼりを用いてお店の雰囲気向上へ繋げる事が出来ます。ミニのぼりの効果は立体的に視覚に飛び込んでくると言う点です。ポスターやチラシなどを壁面に張り付けても宣伝やお店の雰囲気づくりに活用できるのですが、あくまで平面での作業になりますので見る角度によっては視覚効果の低い箇所が発生してしまいます。また限られた壁面の箇所がありますので、訴えたいポイントが複数ある場合どれかを犠牲にする可能性もあります。一方のミニのぼりでは立体的に視覚に飛び込み、テーブルのみでなくカウンター上や窓枠、レジ横などに設置出来ます。