のぼりはミニにしていろんな効果を生み出そう

みなさんはミニサイズののぼりがあることをご存知でしょうか。つまり小さなサイズの旗です。サイズは10~30センチ程度のものが多いです。何のために使うのか、あまり知らない方の方が多いかもしれません。しかし、この製品は様々な効果が期待できる便利グッズなのです。使い道は発想の数だけあり、自分の好きなデザインで発注することが可能です。ミニサイズであることからどんな場所にもはまり、適用の幅が極めて広いです。今回はこのミニサイズののぼりの様々な用途を一部ご紹介し、その効果を説明します。少しでも気になった方は導入の検討をすることをおすすめします。小さいサイズのため、あまり目立つこともないだろうと思われる方も多いかもしれません。しかしながら効果は絶大、すぐに良さが実感できます。

ミニサイズのぼりはこんな事にも使える

ここではミニサイズののぼりの導入事例の一例をいくつか紹介します。まず、最もよく用いられる事例は宣伝用のポップとしての使用です。飲食店の客席にお勧めの料理やドリンクの限定メニューを表示した場合、お客様がお勧めをメニューの下へ戻して隠してしまったりするとその宣伝効果は0になってしまいますが、のぼりを置くことによって、常にお客様から見えるところに情報を配置することが出来ます。次に展示会のブースの装飾や受付の案内などに用いる方法があります。のぼりを置いておくことで、無意識のうちに視線を誘導する効果がありますので、流れてきた人々の目に必ず入れることが出来ます。この宣伝効果は大きく、とにかく多くの人が流れ込んでくる箇所にはこういった宣伝グッズを配置するのが鉄則です。のぼりはまとめて発注することで、料金が安くなる業者がほとんどなので、数を必要とする場面にはうってつけです。

宣伝だけじゃない。のぼりの使い道

先の2例は主に宣伝効果を狙ったものでした。もちろん宣伝以外にも使い道があります。最近はフルカラーで高精細な画像データをミニサイズののぼりにプリントすることが出来るので、ちょっとしたメッセージや写真を添えて、デスクサイドに飾ってみたりするとかなり面白いです。その他、イベントごとで大きな効果を発揮するのぼりですが、結婚式やパーティの各テーブルの飾りつけにも適しています。省スペースですので、場所を取らずに思い出を飾っておくことも可能です。好きな言葉やスローガン、思い出の写真などを入れれば、自分を奮起するグッズとしても活躍してくれるかもしれません。このようにさまざまな使い方のあるのぼりですから、みなさんの用途に合わせて大きさなども工夫し使える機会があれば、幸いです。