のぼりのメリットを活かしミニ版を有効活用しよう

販売促進の有効な手段として、幹線道路沿いの商業店舗前や敷地内にのぼり旗を設置し、セールやキャンペーン等の告知を行っている取組みを目にします。のぼり旗を普段から積極的に利用している業種として、カラオケやパチンコ等の遊技施設、カー用品店舗並びにガソリンスタンドがあり、また、利用頻度の高いドラッグストアやコンビニ、ファミリーレストランも挙げられます。店舗内に足を踏み入れると、再び、様々な販促ツールが配置され、商品の特徴やお買い得等のメッセージを発信しています。この店内の販促物の中で、とても目立ちわかりやすいツールとして、のぼり旗のミニサイズがあります。商品陳列棚や提案テーブルなど顧客の視認性の高い箇所に設置され、顧客の立寄りと購買喚起を促す大切な役割を担っています。ミニサイズのぼりは、販促ツールとして、その存在感はとても大きいと考えます。

店内の有効販促ツールであるミニサイズのぼりの活用法

ミニサイズのぼり旗の効果的な販売促進策は、まず訴求カラーと展開数並びにキャッチコピーがポイントです。顧客の目を引く鮮やかなカラーが顧客の足を止め、立寄り率を向上させます。のぼり展開数は、リズム感が大事で主役である商品に目がいくよう商品の周りに妨げとならないよう配置します。のぼりに記載するキャッチコピーは、最小限文字数で最大効果を生みだすように展開商品のセールスポイントを簡潔に打ち出す事が秘訣となります。特に、セールスポイントは新製品や数量及び期間限定といったわかりやすい訴求と顧客が自分の生活に取り入れてみたいと必要性を感ずるような商品特性を打ち出す訴求が考えられます。共に顧客の潜在ニーズを擽り購買促進を狙います。このように、のぼり旗の効果的活用は、販売促進の基本であり、他の販促助成物の作成、展開訴求にも役立ちます。

ミニサイズのぼりを利用し得られる販促メリット

ミニサイズのぼり旗の展開により得られるメリットは、まず常時、視覚に入るため潜在意識にアプローチされ記憶しやすい状態に導くということです。金融機関の窓口や一般企業の受け付けカウンター等でよく見かけますが、その時は、視覚確認だけで終わるものの帰宅後、思い出し興味が湧くパターンです。次に、小売店における商品展開の場合は、販売効率の低下している場所や商品棚及びコーナーの商品を手に取る顧客が増え、販売機会と売上が増加します。また、その周辺に陳列してある関連商材の売上増加に繋がります。接客面のメリットとしては、のぼりキャッチコピーが商品を一言で語っているので人的サポートが減少、結果、セルフ販売効率の向上により、他の業務へ要員を再配置し業務効率の見直しが可能となります。このようなミニサイズのぼり旗の活用は、現場において数多くのメリットを生み、その積み重ねが業務改善という大きなメリットを呼び込みます。

驚きの業界屈指の低価格の実現が可能! 北海道から沖縄まで、日本全国からご注文を承っております。(離島を除く) 多くのお客様から、「速い」「親切」「便利」とのご好評をいただいております。 イチ押し・オススメ商品の拡販なら、販促ツールの一番人気「スイングPOP」を! 商品によっては、実物の無料サンプルをお届け出来るサービスもご用意しております。 販促POPを安く・早く・小ロットから!! 低コストでのミニのぼり製作なら「販促モア」にお任せを!